超硬工具の一貫生産体制を構築

坂本精工では、お客さまのご要望に即応するため、社内での一貫生産態勢を構築し、 精密な超硬ドリル・リーマ、エンドミルなどを迅速に製作しています。
超硬工具のことなら、何なりとご相談ください。

生産工程のご紹介

最初の打ち合わせでは、お客様のご要望をお伺いした上でCAD図面を作成。
承認をいただいてから 製作を開始します。
実際の生産工程では、まず円筒研削盤を使用し、超硬丸棒を研磨。円筒部に先端部をつくり、外形を整えます。
その後、NC工具研削盤で溝を切りますが、深さや形状に合わせて、5台の研削盤から選んで対応します。
小ロットなどの場合は、万能工具研削盤で研削。超精密加工、複雑な形状の場合は「超精密万能工具研削盤」で、経験豊富な技術者が顕微鏡を見ながら加工します。
最後に品質検査は、工具顕微鏡でチェックし納品させていただきます。

 

設備機械のご紹介

円筒研削盤5台

NC円筒研削盤2台

プロファイル研削盤1台

ドイツ・ZOLLER社製光学式工具測定器「genius 3s」1台 NEW

NC工具研削盤 ANCA「MX7」1台 NEW

超精密万能工具研削盤 5台
万能工具研削盤 5台
NC工具研削盤 5台

 

社内での一貫生産体制だからこそできる迅速な制作で、お客さまのご要望に即応しています。

設備機械のご紹介

円筒研削盤5台NC円筒研削盤2台プロファイル研削盤1台

超精密万能工具研削盤 5台
万能工具研削盤 5台
NC工具研削盤 5台