ごあいさつ

大阪発、世界へ。小径バニシングドリル・リーマで 世界No.1 を目指します。

 

坂本精工は、自動車、航空機、医療機器、電子部品などの製造工程に欠かせない超硬工具の製作販売を行い、 日本国内はもとより東南アジアや欧米など、世界各国の超精密加工をサポートさせていただいております。

今後もさらに、お客さまのニーズにお応えすべく、当社の得意分野である小径超硬工具分野での実績をもとに、φ1.0mm 以下の小径バニシングドリル・リーマを開発し、量産態勢を構築しています。そして、この分野で世界No.1メーカーをめざしています。この夢の実現のために、これまで以上に圧倒的なスピード経営と真摯なものづくりの姿勢を貫き、柔軟性と機動力のある態勢のもと、品質・納期・コストでご満足いただけるよう努力を続けてまいります。

代表取締役 坂本泰昭

企業理念

スピード・真摯・夢の実現

圧倒的なスピード経営と真摯なものづくりの姿勢を貫き、社会の発展に貢献するとともに、社員一人ひとりの夢の実現をサポートします。

経営3原則

チャレンジ・グローバル・共存共栄
  1. 我々は「最大ではなく、最高を究める」チャレンジ企業でありたい。
  2. 我々は「日本だけでなく、世界から信頼される」グローバル企業でありたい。
  3. 我々は「自分たちの幸福だけでなく、世界のすべての人々の幸福・繁栄・平和を願う」共存・共栄企業でありたい。

会社概要

会社名 坂本精工株式会社
創業 平成2年2月1日
設立 平成8年2月1日
資本金 1,000万円
従業員数 14名
所在地 〒581-0815 大阪府八尾市宮町5丁目6番48号
TEL 072-924-4872
FAX 072-924-4875
E-mail sakamoto-seikou@forest.ocn.ne.jp
取引銀行 大阪シティ信用金庫 永和支店
関西みらい銀行 東大阪永和支店
南都銀行 吉田支店
代表取締役 坂本 泰昭
常務取締役 中川 義裕
取締役 坂本 里栄子

会社沿革

平成 2年2月 東大阪市俊徳3丁目にて営業を開始する。
平成 2年8月 事業伸長に伴い東大阪市荒川3丁目に移転する。
平成 6年7月 事業拡大に伴い現住所に移転する。
平成 8年2月 法人化。
平成 9年2月 東南アジア地域をはじめ、海外への販売を開始する。
平成11年2月 NC工具研削盤(2台)を導入し、特殊超硬工具の量産化を図る。
平成18年4月 最新鋭NC工具研削盤(2台)を導入し、航空部品加工用特殊超硬工具の生産を開始する。
平成19年3月 国内外のお客様からの、更なる増産要請に対応するため、NC円筒研削盤(2台)を導入する。
平成20年2月 太陽電池向け超精密工具を生産開始する。
平成22年3月 中部出張所を開設する。(現 刈谷出張所)
平成29年1月 中部出張所を開設する。
平成30年12月 ドイツ・ZOLLER社製光学式工具測定器「genius 3s」を導入する。
平成31年4月 NC工具研削盤 ANCA「MX7」を導入する。